エンジニアとはどういう仕事なのか

エンジニアは専門的な技術を持った技術者のことを言い、最近であれば企業内の情報処理のシステムを対象とするシステムエンジニアの仕事の求人募集が多い傾向があります。エンジニアの仕事内容はモノづくりの設計や開発の過程に絡むため、そのスキルや知識などを要求されますが、その他には精神的なタフさや粘り強さなども必要とされることも多いです。最もエンジニアとして採用される為には、業務を行うためのノウハウや知識を有していることが必要であり、大抵は工学系統の資格を有する者を対象とします。しかも多くの人が参加するプロジェクトを組んで行われることもあり、人とのコミュニケーション能力が必要となる場合があります。実際にはエンジニアの名称の仕事は各種産業に存在しますが、多くは機械工学、電子工学、情報工学、化学工学などの分野で活躍しています。

エンジニアの仕事を行うために国家資格が必要か

エンジニアは、モノづくりの最前線において設計から開発を行う技術者のことですが、国家資格が必要かについてはケースバイケースとなります。ただどうしても国家資格が必要となるかについては、仕事を行う上では不要とされます。しかしスキルや実績を必要とされることも多く、さらに国家資格を保有していれば評価はされやすい仕事の分類に入ります。仮に転職するなどのシーンでは、国家資格が評価され、転職がスムーズに行くことも多いです。一方では国家資格には技術士・技能士という資格が存在しますが、これはそのまま技術者を意味することではないです。ただ技術の分野に極めて近い国家資格と言われており、エンジニアの仕事の内容によっては評価されることも多くなります。特に技術士は難関な国家資格に分類される為、それを保有している人の数も少なくレアな存在です。

エンジニアの仕事に要求される能力

エンジニアの仕事に要求される能力は、高度な技術やノウハウ、知識などですが、問題提起能力、問題処理能力などが要求されることが多いです。特に従来スペシャリストとしての資質が重要視されていますが、最近の傾向としては専門性だけに拘らないバランス的な能力を有していることが要求されています。その理由としては企業の経済活動のコンプライアンスが重要視されているためで、経営の観点も重要となるためです。そのため最近のエンジニアの仕事転職の情報でも専門的な知識や技術を有していることは前提で、その上に人柄を重視される傾向が強くなっています。また専門分野の象牙の塔にこもらず、対人との円滑なコミュニケーション能力も要求され、プレゼンテーション能力を要求されるケースも目立っています。