エンジニアの仕事の基礎知識とは

エンジニアの仕事をする上で重要なのが、基礎知識です。基礎知識とは、エンジニアの仕事をする上で共通して必要になる知識のことを指します。エンジニアといってもさまざまな業種があるので、一概には言えませんが、例えばITエンジニアなら、IT基礎知識が必要になります。ITエンジニアといっても、プログラマー、ネットワークエンジニア、システムエンジニア、ITコンサルタント、ITスペシャリストなど、さまざまな職種が存在しますが、どの職種で働くにしても、IT基礎知識は必要になります。その上で、それぞれの職種で必要になるスキルを身につけなければなりません。プログラマーなら、IT基礎知識に加えてプログラミング、ネットワーク、データベースなどの専門的な知識も必要になります。チームで開発をすることが多いので、コミュニケーション能力も必要になります。

エンジニアの仕事は未経験からでも始められる

エンジニアの仕事は未経験者でも応募ができることがあります。それまで営業の仕事をやってきた人が、手に職をつけようとプログラマーの仕事に応募することなどもあります。それまで営業の仕事をやってきた人なら、仕事を通して身につけたコミュニケーションスキルなどがアピールできるでしょう。求人の多くは「システム開発経験1年以上」というように、実務経験を重視していますが、中には未経験者可となっている求人や、未経験者歓迎の求人などもあります。未経験者歓迎の求人は、文字通り未経験者を積極的に採用するという趣旨の求人なので、実務経験ゼロでも応募できますし、必ずしも基礎知識を身につけている必要もありません。それまでの仕事で得た経験をアピールしましょう。営業の仕事をやってきたなら、短期間の勉強で取得した資格などをアピールするよりも、営業の仕事を通して身に付けたスキルをアピールしたほうが、採用可能性は上がるでしょう。

基礎知識があったほうが採用される可能性は上がる?

ITエンジニアなら、情報系の大学や専門学校を出ていると、有利になることは確かです。しかし、ITエンジニアに必要なスキルは、必ずしもIT基礎知識ばかりではありません。英語ができるエンジニアがほしいと思ったら、IT技術者に英語教育をするよりも、すでに英語ができる人にIT教育をしたほうが早いという意見もあります。そのため、情報系の資格などを持っていることをアピールするときには、慎重に行いましょう。企業にとっては、情報系の資格をとっていても、新人教育にかける時間やコストをわずかに節約できるという程度の意味しかないこともあります。それよりも、それまでの仕事を通して学んだことをアピールすることに時間を使ったほうがよいかもしれません。面接の時間は限られているので、アピールポイントはしっかりと考えておきましょう。